30代ぼっちのロード・クロスバイク

30代ぼっちでクロスバイクはじめて、最近ロードバイクも入手。東京都調布市を起点にサイクリングしています。

東京激坂四天王「和田峠」に挑戦!!110kmライド

f:id:tyr777:20181013194209j:image

今日は、久しぶりの自由なお休みだったので、東京の激坂四天王の和田峠にチャレンジしてきました〜。この前行ってきた入山峠や時坂峠を味わって、さらにヒルクライムにチャレンジしてみたくなったのであります。東京で平地となると、まあ都会に行ったりする羽目になるんですが、都会だと信号も車もめちゃんこあるんで運転しづらいんですよね〜。すると、平地もちょっと飽きちゃうわけで。すると、ヒルクライムの道にいくわけで。別に得意じゃないんですけどね。インナーローでクソ遅い速度で攻めるわけですw

 

まずは、多摩川サイクリングロードから浅川サイクリングロードへ。

スタートは、高尾方面に行く時のいつもの道ですね。浅川サイクリングロードもどこで曲がるとか、どこでどうするかとか少し分かってきましたよ。明確にまとめてくれているサイトがあんまないので、いつの日かサイクリングロードの走り方を紹介するかもしれません(絶対にやらないに100ペソ)

高尾山口駅から大垂水峠

このブログで、相模湖から2回、高尾山口から1回登ったことある大垂水峠を越えて、相模湖へ向かいます。

f:id:tyr777:20181013194246j:image

今、和田峠を登ってから思うと、斜度も5〜8%くらいなので、大垂水峠ってそうでもないなーなんてw いや、嘘ですw 登っている最中は、超必死ですw インナーローにて激遅で行きます。ここはトラックとかの大型の車もとても通るので、地面は綺麗ですが、運転はけっこうしづらい・・・。

前回は一度足を着いちゃいましたが、今回は足つきなしでクリアーです。今回の気温は18度くらいだったんで、暑くてつらい・・・がなく問題なくいけました。気温ってだいぶ重要やなぁ。

高尾山口からの大垂水峠っていつもすごい自転車乗りがいるイメージなんですが、今日はぜんぜんいなかったなぁ。むしろ、相模湖からの大垂水峠に向かう自転車乗りが多かったです。なんでだろ。

大垂水峠から相模湖駅

f:id:tyr777:20181013194234j:image

大垂水峠から下りに下っていきます。相模湖駅ですー。駅は綺麗なんですが、町は昭和臭が強いんですよね〜w

相模湖駅から藤野駅

ここから、相模湖駅の次の駅である藤野駅へ向かいます。ちょいちょい登りや下りもありつつ、藤野駅へ〜。

 f:id:tyr777:20181013194223j:image

 はい、記念写真ですー。 

f:id:tyr777:20181013194213j:image

f:id:tyr777:20181013194217j:image

駅のお土産ショップの入口には、なぜか漫画が・・・ww 床屋の待合所みたいだなw

さて、ここから和田峠へ向かいます・・・。はぁー不安だわぁ〜。四天王だしなぁ・・。ゆっくり足を残すことを意識していこう。

あ、そうそう。お土産ショップでは、あの「コレジャナイロボ」がフューチャーされてました。「コレジャナイロボ」ってのは、グッドデザイン賞を昔とったことのある私も姉の誕生日にプレゼントしたロボットです。

どんなものかというと、子供はカッコいくてテレビでも放送されてて、活躍している今流行りのロボが欲しいわけですよ。それに対してこの「コレジャナイロボ」をプレゼントするわけです。すると、絶妙なダサさに「これじゃないよおぉぉ涙涙涙涙涙涙」ってなるわけですな。自分の欲しいものが何の苦労もなくて手に入ると思ったか!というアンチテーゼ的なロボなんです。ロボのクオリティも絶妙にダサく非常にクオリティが高いのです。10年前くらいにフィーバーしていたのですが、現在はコレジャナイロボのシリーズも増え、ノートなどの横展開がされているみたいです。

まあ、詳しくは公式サイトで見てくださいな♫

なんで藤野でこんなフューチャーされているのかなと思って調べたら、「コレジャナイロボ」の制作会社「ザリガニワークス」の方の実家?住まれている?ところがこのあたりらしいですね。

藤野駅から和田峠へ挑戦!

コレジャナイロボ」が思った以上のボリュームになりましたが、さておき、藤野から和田峠へスタートです。和田峠の入口に着くまでも軽めの1〜3%くらいの登りが続きます。これが和田峠か?って思いましたが、どんどん進んでいくと、いきなり林道になりますw 坂の斜度もがっつり上がりますw はい、これが和田峠ですねw

初めのほうに1度、最後のほうに1度。12%〜14%らへんの激坂が現れます。ここがきつかった〜w 休むダンシングなんて器用なことはできないので、インナーローのままダンシングしますw シッティングとダンシングを繰り返しまくって、できるだけ足に乳酸がたまらないように進行します。それ以外の道は4〜8%くらいです。途中で6%とか登場するとだいぶ楽に感じますね〜。12%と比べたら倍ですしねぇ、、まあ、、そうか。

しっかし、この和田峠も12%とか出てきますが、その後に6%とかになるわけで少しそこで休めるので、どこぞやの12%がえんえんと続くような人を殺すような激坂よりも人のことを考えてもらえてますね。八王子から和田峠へ登る道は10%がえんえんと続くとか、難易度はそっちの方が高いようですね。

途中、「陣馬山 途中 見晴台」が現れます。そこが見えると、あと少しです(14%の激坂も出てきますw)

そんなこんなでゴールです。インナーロー激遅進行のおかげでなんとか足をつかずにゴールです!やったーー!!

f:id:tyr777:20181013194209j:image

f:id:tyr777:20181013194150j:imagef:id:tyr777:20181013194154j:image

たぶん、この階段を上がると陣馬山の頂上に行けるのかな。馬のモニュメントがあるらしいです。

f:id:tyr777:20181013194203j:image

へぇートレイルレースなんてあるんやなぁ。絶対に参加しない。

帰りは、和田峠から八王子の方へ下ります。まあ、東京四天王と言われる所以は、八王子から登る和田峠らしいので、今回の和田峠では、四天王を撃破できたわけじゃないんですよねw まあ、いつの日か撃破できますように。

八王子へ下り、また、浅川サイクリングロード・多摩川サイクリングロードを使って帰路へ。

110kmコースでした〜。気持ちよかった〜。 

今回の服装は?

そうそう、今回は先日記事で紹介したカペルミュールのジャケットで中にはアンダーアーマーのコールドギアを着て走りました。ぜんぜん問題なかったw アンダーウェアが汗ですごい気持ち悪くなるの嫌だなぁと思ってましたが、ぜんぜん問題なかったです^^

下は、シマノのウィンタービブタイツ。ビブ初めてだったんですが、すんごいよかったなぁ〜。お腹が苦しくないし、あったかいしw こりゃーハマる理由がわかります。今後は私もなりそうw 110kmでもおしりはぜんぜん痛くならなかったです。まあ、クリーム塗ったからかもですがw

そう、記事にはしていないんですが、クリーム買ったり、サドルカバーつけたり、ビブタイツ買ったり、wiggleのdhbの靴下やらビブタイツやらポケッタブルなウィンドブレーカー買ったり地味にいろいろとやってるんで、どこかで記事にしたいです(願望